消防設備点検優良事業所の認定を受けた防災のエキスパートです。
 

スタッフブログ

創造の定義と北見の名所・住民の顔が見たい道

  • 2008年10月 7日(火)
10月6日、夕方北見を出て帯広→北見を往復しました。
途中の峠では鹿が道路に出てきて、その度5回も急ブレーキを踏んでしまいました。路面が凍結していなくてよかった!

運転しながら聴いていたCDは致知出版社から出ている天風会専務理事、清水栄一さんの講和録。

「創造とは自らの経験・知識をバラバラに解体し、新たに結合させる事」「だから本来、創造力は20代の若者よりも60代の人間の方が何十倍も何百倍もまさっているはず」という言葉に出会いました。

「現実には60代、70代の人間が創造的かというと そうでもない。何故か? それは自らの経験知識を解体しないから。」だと…。
新しいものを創りだすためには既得権を捨て去る勇気が必要だと…。

中村天風先生のインドでの命を賭けたエピソードから
動物と人間の決定的な違い「人間は 思った通りになるようにできている」という話も感動的です。フラワーロード2.jpg
北見市相内に続く夕陽ケ丘通りの道の両脇に何キロも続く
感動のフラワーロード

この地区に点在する農家の皆さんが手入れをされているのでしょうか…
春に種を播き、ポットに移植し、道端の雑草を取り耕し、植付け、水遣り、草取り、
相当の手間隙がかかっているはずです。この長い距離をよくぞここまで!と感動します。この道を通るとき、心に優しい光が降り注いで来るようです。


フラワーロード1.jpg

  • 0件のコメント
コメント投稿

 
トップへ戻る