消防設備点検優良事業所の認定を受けた防災のエキスパートです。
 

スタッフブログ

被害者意識

  • 2009年2月 9日(月)
先日「被害者意識」ということについて考える機会に恵まれました。

「自分は被害を被った側」だという意識で物事を見ると加害者がいて、その加害者の発言なり行動なりに対する批判、不満、不信感、場合によっては憎しみまで生み出します。

そうすると 応酬として「攻撃する」か「許す」か「無視する」か、相手を心の中で「責め続ける」かという選択肢になります。

誰かに何かを「された」という意識は
「自分が何かをしたことの結果を引き受けている」ということを忘れた状態であり、いわば責任転嫁の状態である場合も多くあるのではないでしょうか

「自分が播いた種を自分が刈り取っている」ということは
つい忘れやすいものです。
「自分は被害者だけれども許す」という意識の底に潜む傲慢さに
気づかせて頂きました。

  • 0件のコメント
コメント投稿

 
トップへ戻る