消防設備点検優良事業所の認定を受けた防災のエキスパートです。
 

スタッフブログ

匂いを読み、物言う写真を聴く

  • 2008年10月28日(火)
頼んでいた本が2冊届きました。

そのうちの一冊はソーゴー印刷さんの月刊誌『スロウ』
もうひとつは小笠原清忠さんの礼法の本
どちらも刷り上がったばかりの本らしく、印刷の匂いが全く違って それぞれ主張して来ます。

ページをめくりながら、匂いを楽しむという本の楽しみ方を初めて意識しました。

古本を買う場合にも気になるのがこの匂いです。
古い本の匂いも独特なものがありますが
煙草を吸う人の読んでいた本は煙草の匂いがしてしまいます。 
芳香剤の強い家に置かれていた本は芳香剤の匂いをしっかり吸っています。

私の場合 バッグに一冊、車に一冊、居間の机、台所のカウンター、寝室の机、枕元、トイレ、と意識的に本に囲まれる環境をつくっています。

きっと汲み取り式のトイレに置いてある本も、匂いをしっかり吸収しているはずです。

人にお貸しするには注意が必要です。

『スロウ』誌には嬉しいおまけがついていました。
写真家であり社長である高原淳さんの絵はがきです。

この方の写真は 見るたび「ぐっとくる」というか
胸がキュンとくる、不思議な魔力を持っています。

高原社長のブログを初めて訪れたとき
こんな写真を撮る人って、いったいどんな人だろう?
と 関心が湧きました。
そのくらい「物言う写真」です。

その写真の絵はがきが届いて、どきどき。

写真にキュンとしたり ドキドキしたりすることってありますか? 体験してみたい方は是非どうぞ。
高原さんのブログは→ http://sogopt.exblog.jp/ です。スロウ.jpg

  • 1件のコメント
コメント投稿

  • 投稿者:AT  2010年7月30日(金)
こんにちは。初めてブログを見せていただきました。
過分なるお褒めの言葉、感謝します。
このようにほめられると、どきどきしますね・・・。
さて、「スロウ」次号は2月25日発行です。
ほぼ間違いなく、いい出来映え。
お読みいただけるとうれしいです。
 
トップへ戻る