消防設備点検優良事業所の認定を受けた防災のエキスパートです。
 

スタッフブログ

5月18日 感動と感謝の3地区合同例会

  • 2007年5月21日(月)


ホテル壁一面の会社PR垂れ幕




守成クラブ道東3地区特別交流合同例会が北見にて開催されました。



守成クラブ釧路、守成クラブ帯広、守成クラブ北見の3クラブの結集です。



なかには仕事を終えて5時半頃釧路を出発し例会の途中からと二次会の最後までお酒も飲まずに参加され 午前0時を過ぎてから釧路まで運転してお帰りになるという強行軍の方、帯広からも同じく急な仕事で例会に出席ができなくなったもののその後の二次会にわざわざ来て下さった方もありました。



またお忙しい中こんなに多くの方々がこの日のために万障繰り合わせて参加してくださいました。皆々様のお気持ちと行動に大きな感動を頂きました。心より感謝申しあげます。



北見で3クラブ合同例会を開催するのは初めての経験だったのですが「他地区から来られる方々に喜んでいただける例会を」目指して世話人の皆さんや会員の皆さんがアイディアを持ち寄り積極的自主的に奉仕して下さいました。



また釧路・帯広からわざわざ参加して下さる方々の暖かさは言うに及びません。この一人一人の持つ「豊かさ」が結集したことによってエネルギーの高い素晴らしい「場」と「時間」を共有できましたことは 大きな感謝と学びの体験でした。



それぞれの地域で特色あるクラブ運営を通しての仲間づくり、それが地域を越えて信頼できる仲間づくりへと自然に発展して行く素晴らしさ。情報交換、人としての学び、仕事の協力、商談成立。 守成クラブには感動があります。



お互いを知れば知るほど協力したい応援したいという気持ちが湧いてくる。 そんなあったか~い人間くさ~いところが守成クラブの魅力です。これは 一生懸命関わった人にしか味わえない感動です。



友情参加してくださった釧路津軽三味線正山会の皆様の演奏は普段なかなか聴けない素晴らしいものでした。二次会では会員の表伸江さんのピアノ演奏と小川力さんの歌もうっとりするほどでした。



きわめつけが帯広の会員の方によるカミングアウト「性同一性障害です。」本当の自分を皆の前でオープンにしていくことは勇気のいることです。普段の彼の誠実さと仕事ぶりを知っている私は彼の勇気ある告白によって初めて 自分の中にある未知のものへの偏見が壊される必要を感じました。目の前の事実は何より説得力があります。



「できることがあれば応援したい。」居合わせた多くの仲間がきっとそう思った事でしょう。


  • 0件のコメント
コメント投稿

 
トップへ戻る