消防設備点検優良事業所の認定を受けた防災のエキスパートです。
 

スタッフブログ

その帰路に己を焼きし「はやぶさ」の

  • 2011年6月 8日(水)

須藤裕美です。

「その帰路に己を焼きし"はやぶさ"の光輝き明るかりしと」
と美智子皇后様がお詠みになった「はやぶさ」
の映画を観てきました。
 


(写真はシロハヤブサ  惑星探査機とは関係ありません)

小惑星探査機「はやぶさ」が7年の歳月を費やした任務と経過と成果を、
CG映像を使ってわかりやすく伝えてくれるものでしたが

あまりの壮大なスケールに驚き、目を丸くし、宇宙の中に引き込まれてしまいました。
「はやぶさ」は自ら情報を集めて判断できる意志を持ったロボットでもあることから 
まるで心があるかのようです。

自分の任務を全うするために はてしない宇宙の孤独の中をひたすらに進み続ける姿、
人間の予想を越えた世界で待っていた危険、
任務を果たせず宇宙の塵となってさまよい続けなければならないかもしれない可能性、

長い長い沈黙の時間・・・
その孤独と長い長い沈黙の時間の末にはやぶさが帰還する。
自らを燃やして使命を全うしていく姿に大きな感動を頂きました。

ワーナーマイカルシネマズ北見では10日の金曜日まで上映中 500円です。

  • 0件のコメント
コメント投稿

 
トップへ戻る