消防設備点検優良事業所の認定を受けた防災のエキスパートです。
 

軽くて水に強い超軽量防災畳「きたみ畳」のご案内

超軽量防災畳「きたみ畳」

いままでの畳は、
管理がとても大変

超軽量防災畳「きたみ畳」
超軽量防災畳「きたみ畳」
超軽量防災畳「きたみ畳」
超軽量防災畳「きたみ畳」
超軽量防災畳「きたみ畳」
超軽量防災畳「きたみ畳」
超軽量防災畳「きたみ畳」

保温性・クッション性を保持しながら、畳表は優れた難燃性を持っています。
タバコ火の接炎時でも発炎性はほとんど確認できません。

実際に畳に火のついたタバコのせた「タバコ焼け実験」を行っております。動画をご覧ください。

超軽量防災畳「きたみ畳」の構造
超軽量防災畳「きたみ畳」の構造

表面の畳表、反発ボード、滑り止めシートの3層構造になっており、畳表は水を吸わないため、水洗いができて清潔にお使いいただけます。中間層にある反発ボード材により、従来の畳よりも断熱性が高く温かく、クッション性も向上されております。
最下位層の滑り止めシートのため、滑りやすいフロア床などに敷いてもズレない安全設計です。

有害なガスが非常に少ない素材

通常、内部の素材には発砲材を使用します。そのため素材から出るホルムアルデヒドや硫黄、シロキサンアンモニアなどのアウトガスが心配されるのですが、これをできるだけ軽減するため、特殊発泡体が採用されおります。

超軽量防災畳「きたみ畳」の構造

特殊発泡体とは通常、樹脂を膨らませるために発泡剤という薬品を配合し発泡させますが、この素材は、発泡剤を一切使用しません。超臨界状態にさせた窒素を発泡剤として使用しています。

そのため、

【強度がアップ】【軽量化】【断熱性能がアップ】

そして最大の特徴として、発泡体から出る発生ガスを最小限に抑えることが可能です。

焼却処分ができます。
焼却処分ができます。

特殊発砲体は、可燃性物質のため焼却による処分が可能です。災害が復旧したあとの管理が困難な場合や、経年劣化のための処分として行えます。

超軽量防災畳「きたみ畳」の用途とメリット
超軽量防災畳「きたみ畳」の用途とメリット
  • 学校で畳の授業に
  • 避難所での断熱対策に
  • 安らぐ座敷作りに
  • 帰宅困難者の対策に
  • イベント会場に
さらにこんな用途に!!

やはり、見た目が日本伝統の畳なので、
心がほっと和みます。
さらに色あせることもなく青畳が持続します。

防災畳は和風の空間づくりに

和風の空間づくりに

茶道や華道、さらに書道、簡易お抹茶スペース
など落ち着いた和風の空間づくりに活躍します。

防災畳は硬い床の上に

硬い床の上に

フローリングの上に置いて、
赤ちゃんのおしめ替えに使ったり、
お昼寝に使ったり。
ヨガや瞑想にもご利用いただけます。

超軽量防災畳「きたみ畳」の特徴
特徴1

軽いので設置が容易
1枚の重さが約1.1kg以下

特徴2

洗うことができて衛生的
簡単に汚れが落ちすぐに乾きます。

ブラシでゴシゴシ丸洗いができます。
特徴3

身体に優しい
身体に優しい素材を使用しています。

素材は、環境に優しく身体に優しいオレフィン樹脂表とオレフィン系発泡材で、出来ています。直接肌が触れるものですから、表面及び内部素材や接着剤に至るまで、有害物質を低減した材料を使い身体に安全な品質で構成されています。

特徴4

振動を和らげる
柔らかい感触の反発ボードを導入

内部層には反発ボードを使用していますので、床の振動を防ぎ周りの不快感を和らげます。万一の転倒時はショックを軽減します。

超軽量防災畳「きたみ畳」

超軽量防災畳「きたみ畳」

価格:14,000(税別)※税が別途加算されます。
  • 商品内容:きたみ畳 1枚
  • サイズ:縦800mm×横800mm×厚さ20mm 重量 1.1kg以下
  • 材質:
    • 芯材(ポリオレフィンフォーム)
    • 表面(オレフィン樹脂畳表)
    • 縁(ポリエチレン)
    • 裏貼りシート(PET不織布)
      全て有機溶剤不使用にて加工しております。

軽く、柔かく、水で丸洗いできる新しい畳マットです。曲げても壊れない頑丈な作りです。芯材は、水を吸収しないので、お風呂や脱衣室などでも使用が可能です。

※実用新案 第 3192102号

商品に対するお問合せ0157-36-1666

|

 
トップへ戻る